フェイスブックの活用と集客のプロ-ホームページ、ブログ、動画、チラシ、メルマガの活用アドバイザー

プロフィール

Facebook集客のプロ-久野雅己です。
Facebookを軸とし
YouTube。LINE、Twitter、メルマガ、チラシを連携し
飲食店や中小企業における
インターネットの活用アドバイス
個人のブランディング活用アドバイス
ホームページのセカンドオピニオンをしております。

Facebookをフォローする

LINE@もやってます♪

スマートフォンでアクセスしますと、 以下より僕のLINE@を登録できますのでご興味ある方はぜひご登録下さい↓ LINE@友だち追加ボタン

Amazon最新ランキング

ビジネスでも重要な体験と経験と成功と成長

ビジネスにおいても重要な体験と経験の違いと成功から成長へ


体験と経験の違い

体験は→事実
経験は→解釈
 
今回のブログでは
以下の記事を読んで
感じたことを書きます↓
 
子どもの「ブレない自信」をつくるのは
「成功体験」ではなく「●●」~
自信がある人とない人の違いとは?~

 
上記の記事の中で
以下のような記載があります。
ーーーーーーーーーーーーー
簡単に言えば、「体験」は
起こった出来事・事実のことを指し
「経験」はその出来事や事実を
解釈した結果のことを指す、
という点に違いがあります。
ーーーーーーーーーーーーー
 
ビジネスにおいても
体験と経験の違いを理解し
取組むことが重要かと思います。
 
ビジネスにおいて
目標を達成すること
これは成功体験となります。
ただし、そこで止まることは
体験で終わってしまうのと同じで
成功体験を分析し
さらに早さを求めたり
売り上げ目標を上げることだったり
工夫を追加することを検討して
体験を経験に変えて
さらなる向上を目指すことが
とても大事なことだと思います。
 
成功だけではなく
失敗も経験となりますね。
失敗を経験することで
改善や修正することにつながるため
失敗を恐れないことも
とても重要だと思います。
 
そして、
何事も体験してみること
経験してみること
その意識がとても重要ですね。
何かの機会に巡り会ったのであれば
どうするか迷っているのであれば
・やってみること
・行動してみること
・飛び込んでみること
そこから、人との出会いや
新たな自分との出会い
新しい景色を見ることができたりと
自分の成長や
自社の成長につながると思います。
 

体験してもらう

モノが余りある現代において
価格競争によって
商品の値段は横並びや
低価格となりがちですが
そのような状況だからこそ
お客様に体験をしてもらうことで
企業や商品の持つ
本来の価値が伝わり
真のお客様との出会いに
つながるのではないでしょうか。
 
商品やサービスを通して
お客様にどのような気持ちになってほしいか
これからの時代において
とても重要な鍵となります。
 
【参考記事】
体験と経験の違い
 
成功体験と失敗経験
 
見込み客には商品を売るな
「商品」から「商品体験」へ

 
 
———————————————
あなたの会社に合った
日々の発信内容について
さらに詳しく知りたい方
何を書くべきか悩んでいる方
発信内容に困っている方
相談や依頼を随時受付しております。
以下の画像をクリック後
問い合わせページからご連絡下さい。
問い合わせ画像
———————————————
あなたの企業や取組みにおいて
フェイスブックが適しているか
LINE(ライン)が適しているか
Twitter(ツイッター)が適しているか
ブログが適しているか
メルマガが適しているか
適したツールをご存知ですか?
もしくは、適したツールを使っていますか?
適していないツールにも関わらず
時間を無駄にして使っていませんか?
あなたに合ったツールを診断します。
社内セミナーやマンツーマン勉強会
数名で申し込みをしてもらっての
少人数勉強会も対応しております。
以下の画像をクリック後
問い合わせページからご連絡下さい。
問い合わせ画像
———————————————
飲食店、美容室、ネイルサロン、
接骨院、居酒屋、カフェ、
地域団体、イベントなどにおいて
Facebookを軸とし
YouTube、LINE、Twitter
さらに、メルマガやチラシを連携し
新規の集客と常連となる
お客様との出会いのため
効果的な情報発信を提案します。
ホームページのセカンドオピニオン
業種に合ったネットメディアを提案する
ネットメディア分析の専門家です。
フェイスブックページ
1万いいね!請負人
代表:久野雅己(ひさの まさみ)
TEL:0246-84-8298
メール:hisanosystem@gmail.com
———————————————


こちらも合わせてお読みください