フェイスブックの活用と集客のプロ-ホームページ、ブログ、動画、チラシ、メルマガの活用アドバイザー

プロフィール

Facebook集客のプロ-久野雅己です。
Facebookを軸とし
YouTube。LINE、Twitter、メルマガ、チラシを連携し
飲食店や中小企業における
インターネットの活用アドバイス
個人のブランディング活用アドバイス
ホームページのセカンドオピニオンをしております。

Facebookをフォローする

LINE@もやってます♪

スマートフォンでアクセスしますと、 以下より僕のLINE@を登録できますのでご興味ある方はぜひご登録下さい↓ LINE@友だち追加ボタン

Amazon最新ランキング

フェイスブックの近くにいる友達機能

フェイスブックの近くにいる友達機能と設定方法について


フェイスブックの近くにいる友達機能

近くにいる友達機能とは?

フェイスブックに
新たに追加された
「近くにいる友達」機能についてお伝えします。

スポンサーリンク

今回追加された新機能は
位置情報を使い
近くにいる友達を
表示してくれる機能です。
 
フェイスブックの
スマートフォンアプリで
自分の位置情報を
知らせる設定を
オンにすることで
ほかの友達がいる場所や
自分との距離が
一覧で表示されたり
友達が近くにいるのを
通知してくれる機能もあります。
 

位置情報が見られる相手は?

自分の位置情報を開示する相手は
友達、親しい友達、友達リストなどから
自分で選択することができます。
今回の機能を使って
友達と位置情報を共有できるのは
自分と友達のお互いが
この機能をオンに設定をしていて
位置情報を共有する相手として
選んでいるときだけになります。
 
自分の位置情報を
見ることができるのは
自分が共有する相手に
選んだ友達のみで
自分から位置情報を
見られる友達も同様になります。
 
初期の設定は
オフになっていますので
今回の機能を使うには
設定をオンにする必要があります。
 

設定の場所はどこか?

設定をオンにするには
アプリを起動した後に
画面右下にある
「その他」をタップし
メニューの中から
近くにいる友達という項目を
タップして下さい。
画面が表示されましたら
右上の歯車マークをタップし
近くにいる友達の項目を
オンにすることで
機能が使えるようになります。
 

まとめ

機能の追加や変更が激しいため
今回の新しい機能に
気がついていない人も多くいます。
位置情報はとても重要な個人情報ですので
位置情報を知られたくない人は
必ず設定の確認をしましょう。
 
 

セキュリティーについてオススメの本

 


 
 

メルマガでさらに詳しくお伝えしています!!

メルマガでは、さらに詳しく
様々な情報をお伝えしています。
メルマガへの登録は以下よりどうぞ。

久野雅己公式メルマガ

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
都道府県




フェイスブックやブログや
ホームページやユーチューブなどなど
使い方についての
お問い合わせやご相談は
以下より、お願いします↓
———————————————
企業や店舗、事業規模や業種に適した
日々の発信内容について
さらに詳しく知りたい方
何を書くべきか悩んでいる方
発信内容に困っている方
相談や依頼を随時受付しております。
以下の画像をクリック後
問い合わせページからご連絡下さい。
問い合わせ画像
———————————————
あなたの企業や取組みにおいて
フェイスブックが適しているか
LINE(ライン)が適しているか
Twitter(ツイッター)が適しているか
ブログが適しているか
メルマガが適しているか
適したツールをご存知ですか?
もしくは、適したツールを使っていますか?
適していないツールにも関わらず
時間を無駄にして使っていませんか?
あなたに合ったツールを診断します。
社内セミナーやマンツーマン勉強会
数名で申し込みをしてもらっての
少人数勉強会も対応しております。
以下の画像をクリック後
問い合わせページからご連絡下さい。
問い合わせ画像
———————————————
飲食店、美容室、ネイルサロン、
接骨院、居酒屋、カフェ、
地域団体、イベントなどにおいて
Facebookを軸とし
YouTube、LINE、Twitter
さらに、メルマガやチラシを連携し
新規の集客と常連となる
お客様との出会いのため
効果的な情報発信を提案します。
ホームページのセカンドオピニオン
業種に合ったネットメディアを提案する
ネットメディア分析の専門家です。
フェイスブックページ
1万いいね!請負人
株式会社 ソーシャルスピーカー
代表取締役:久野雅己(ひさの まさみ)
———————————————
 

フェイスブックについてのオススメの本


 

 

 

 


こちらも合わせてお読みください